アイシールド21 超脇役列伝

私が『アイシールド21』にはまった理由の一つに、
キャラクターが非常に生き生きしていることがあげられます。
セナ君や、ヒル魔さんたちレギュラークラスは勿論ですが、チョイ役に至るまで行き届いた描写に、
稲垣・村田両先生のあたたかい眼差しを感じます。
コミックスの巻末おまけページ、『超脇役列伝』に”縁の下の力持ち”という言葉が添えられているのを見るに、
作品とは、主役を支える脇役たちがいてこそ成り立つという基本中の基本を
きちんとわかっていらっしゃるのだなぁ、と
生来脇役好きである私は涙するのです。

不良たち 江戸TVのスタッフ 泥門高校野球部監督
白神先生
集英ベアーズ
古屋先生 王城ホワイトナイツマネージャー・若菜ちゃん 泥門高校野球部主将 ボールくらった男子生徒
セナの両親
デビルバッツ架空の監督 王城ホワイトナイツ・90番の彼 集英ベアーズ・本庄勝選手 王城高校の校医
初條の彼女 王城ホワイトナイツ・チビッ子君(17番の彼) 賊学カメレオンズマネージャー 岡婦長
気絶した子 ミラクル伊藤 賊学の先生(アメフト部顧問) 月刊アメフト編集長
江戸TV女性リポーター 模型部部長 海堂洋 パ研部部長 矢地馬之介 熊袋記者




不良たち(ハァハァ三兄弟)

詳しくは、↑ハァハァ三兄弟の項を参照のこと。
1巻の『超脇役列伝』では、黒木くんがなんだか波動拳みたいなのを撃ち出してるんですが。(笑)
これならヒル魔さんにも勝てそうな気がする・・・・・・いや、黒木くんが波動拳なら
ヒル魔さんはか〜るく殺意の波動に目覚めて豪鬼クラスはいってそーな気がします。(^^;)


古屋先生

泥門高校新聞では、ヒル魔さんの早朝バズーカ発射に対しコメントを載せたり、過労で倒れた模型部員たちを発見したりと大活躍な、風紀部顧問の先生。
なんだか、冴えない風体とかうだつのあがらないとかを絵に描いたような、って実際描いてるんですが、
そんな感じで思わず応援したくなってしまいます。
さらに、脇役列伝でのちまっとした描かれ方を見るに存在感薄そうです。
若人を相手にするのは大変なお仕事ですからねぇ(^^;)


デビルバッツ架空の監督

セナ君の想像の中に2コマ登場しました。なんだか人の良さそうな雰囲気の監督です。
あれ?そう言えば、現実のデビルバッツに監督さんっていましたっけ?
部員が二名しか(この当時は)いなかったし、アメフト部と名乗っていても学校側には同好会として扱われ、
それで正式な監督はつかなかった、とかそういうのかな?
(現役学生でないので、その辺りのことはわからないのですが。)
もしくは、いるにはいるけどヒル魔さんのおかげでいないも同然の影の薄さとか? どうなんでしょう。


初條の彼女

恋が浜キューピッドキャプテン、初條薫の彼女。
初登場の表情と『脇役列伝』を見るに、なかなかの美人ながらなんだかスレてそーな感じなのですが、
ヒル魔さんが桜庭君の写真と合コンセッティングを餌に
彼女ら恋が浜女子高生をチアガールに仕立てた時は、
「ホントに桜庭くんと合コンできるの!?」とまぁ、同一人物と思えないほど初々しい表情で喜んでます。
髪形とか見るに、同一人物で間違いないとは思うんですけどね。

さらに、『列伝』の解説では彼氏初條の部活を未だにラグビー部と思ってる、バカ度300%らしいのですが、
普通は・・・・・・女の子の性格にもよると思うけど、彼氏のやってることにくらい興味持ちそうですよね?
ひょっとして、実は初條のことなんとも思っちゃいないのでは。

けど、パジャマはプレゼントしてあげてるしなぁ。(コミックス1巻P130より)
プリントされてるうさぎのニヤニヤ笑いが気になったり。


気絶した子

桜庭くんを見る度気絶している、熱狂的ファンの女の子。
どうも前後を見るに、恋が浜のチアガールの一員みたいです。
そこでまた、王城マネージャー(後述)ちゃんのようなツッコミどころ疑問点が。
彼女、なかなかえ〜と、ふっくらというかぽっちゃり体型のかわいい女の子なんですが、
それでチアガールってOKなんだろうか。
特に選別はせず、やりたいという子にやらせてるのかなぁ。


江戸TV女性リポーター

実は2巻の隠れた主役? 「スポーツGOGO!」のレポーターですが、
アメフトのことなーんにも知りません。
まぁ、彼女が全くの素人のおかげで、後述のスタッフのワンポイント解説が
同じく素人が大半と思われる読者に対し、
アメフトの簡単な理解を手助けさせる効果をあげてるんですが。
この辺りの構図はまた、桜庭くん=リポーター、庄司監督・高見さん・進さん=スタッフといった形で
上手い具合に繰り返されています。

それにつけてもこのリポーターの無知ははなはだしく、
解説者になったスタッフも「よ、よく君この仕事採用されたね・・・。」と呆れるほど。
こりゃ絶対コネと見たね。もしくは、最近女子マネがアイドル化してるのと一緒、と本人には思わせといて
視聴者に優越感を持たせるためとか(ぉ


江戸TVのスタッフ

泥門高校にアポなし取材に来た際に、ガムかんでたばっかりにケルベロスの被害にあったカメラマンとか
あと数名はいるようですが、
ここで取り上げるのはシャツの上に上着を結び付けてるお兄さん。
当人いわく、社会人(Xリーグ)の担当だそうで、当然アメフトには詳しく作中随所で解説してくれてます。
でもって、”自慢じゃねーが俺のキックはぶっ飛ばすだけだ 入りゃしねぇ”というヒル魔さんの
トライフォーポイントのキックにぶち当たってしまった不運な人でもあります。(笑)


王城ホワイトナイツマネージャー・名前判明若菜ちゃん

2巻の中で一番チェキラー!な子ですね(笑)
なんと、彼女と高見さんを扱った同盟様もある人気っぷりです!→


彼女は八百屋さんの子で、家業を手伝わされるのが嫌でさぼるためWKのマネージャーを
始めたそうです。
が、家業の手伝いで身についたちょこまか働くクセが抜けず、
そのため働き者マネージャーとして評判になってしまい、
嬉しいのか悲しいのかよくわかんない今日この頃なようです。
私は個人的に、それって結構いいことだと思うんですけどねぇ。

王城マネージャー荻野千尋ちゃん(仮)は、2巻を隅から隅まで見てみたのですが出番はわずか3コマ、台詞はおろか名前すらありません。なのに、このようなリアリティと親近感溢れる設定がついているのです!
名前とわりとゾンザイなデザインしかもらえなかったナムルとはえらい違いだ・・・・・・。
(*ナムル 『キン肉マン2世』の初期キャラクター。台詞も設定もないままフェードアウト。
詳しくは
ここ参照。)

んが、ちょっと待ってください。

私立王城高校は、ヨーロッパのお城のごとき豪勢なつくりの学校でして。
進さんと桜庭くんが帰ってきたシーン(第二巻 8th down参照)の次のコマの女子学生たちの会話を見ると

下校途中らしい女生徒A「今の2年のジャリプロの桜庭さん!(キャー)」

同じく、眼鏡の女生徒B「や やめなさいはしたない!

男子生徒を”さん”付けで呼ぶ、そして”はしたない”などという、我々一般の小市民の間ではとっくに消滅したっていうかはなからありえないやんごとない言葉が飛び出してきてるんですよ。
この2点を考え合わせると、主に上流階級と言われる階層の子弟のための学校ではないでしょうか、王城て。
さぞや授業料もお高いことでせう・・・・・・。

何が言いたいかというと、

なんでそんな学校に八百屋の娘が通えるのか?

ということです。

おそらくはこういうことでしょう。
荻野千尋ちゃん(仮)は、幼い頃から頭のいい、勉強のよくできる子だったに違いありません。
ご両親はこの優秀な娘には最高の教育を受けさせたいと願い、必死に資金を貯めたのでしょう。
おそらくは、自分たちの学業に対するコンプレックスも少なからず影響したのではないか、と思われます。
泣かせる話ではありませんか。

王城ホワイトナイツの働き者マネージャー、荻野千尋ちゃん(仮)に、いつか名前と台詞がついてきちんとしたキャラクターとなる日が来ることを祈ります。


《王城ホワイトナイツメンバー》

90番の彼

個人的にちょっと気に入ってる彼。
桜庭くんがパスキャッチを失敗して(阿含に”俺なら殺してるね”と言われたシーン)落ち込んでた時に
雲水さんが見ているオペラグラスの中で
「気にすんな」
と肩叩いて慰めているいい奴です。
こんな髪型してるんですね。→第二巻 王城のビデオのシーンより。庄司監督の一喝にビクッ!)


チビッ子君(17番の彼)

脇役の一人で名前も明らかになってませんが、
個人的に好みな顔してるんですよね〜。現在勝手にチビッ子君と呼ばせてもらってます。
バスから王城メンバーが降りてきたシーンを見ると、皆より背が低そうなので。

現在台詞は、隣に座っていた92番の彼の「しかもこの後デビルバッツ逆転したんだろ?」
を受けた「肝心のトコ映ってないし・・・」のみですね。


ミラクル伊藤(芸能プロダクション・ジャリプロ社長)

桜庭くんが所属する芸能プロダクション、ジャリプロの社長。
ジャニーズ+堀プロ、かな?(いや誰でもわかるって)
2巻118Pでの、熱としつこさがこもりまくりの桜庭くんPRはすごいぞ!
『脇役列伝』によると、全身ブランド品で固めた成金趣味ながら、
”見えないところにお金をかけない”主義なので靴下はバーゲン品の6足1000円物とか。
建物の普請でそういうマネをされては困りますが(^^;)、
そうやってきっぱり割り切るところは、ある意味潔くていいかもしれません。


模型部部長 海堂洋

第二巻の泥門高校新聞にて登場。ヒル魔さんに脅迫されて、デビルバッツの模型を作らされます。
「あのフィギュアをさらされたら死ぬしか・・・・・・殺されるー!」
とりあえずえらい目にあったみたいです。

余談ですが、1巻での新入生歓迎クラブ広告では、アメフト部のほかは
ヒル魔さんのお情けか、石丸さんの陸上部と模型部の広告しかないんですが、
極めて常識的な石丸さんのコメントの隣で異彩を放っているのが模型部・2年の森さんのコメント。
麻雀はともかくとしてだ、模型の味見ってなんだ味見って。



泥門高校野球部監督

運動部の顧問が部活中に喫煙しててえぇんか?と思うんですが、私は運動部には全く無縁だったので、

実際喫煙する顧問の先生がいるのかいないのかはわかりませんです。

野球部入りを切望していた雷門君に対し、

「肩もコントロールもない奴が使えるかよ 野球は総合力だ うちは一つのことしかできん奴はいらん!」

と言い放ち、そのため悪役扱いされてましたが。

思うに、野球というスポーツって日本ではすごく人気がありますよね。将来野球選手を目指す少年も数多い。

高校の部活ともなれば集まってくるのは、野球好きな鍛錬を積んできた子達ばかりなのは当然のこと。

その中から選ぶとすれば、そつなく野球に必要な全てをこなせる、実力のある子になるのも理の当然。

要は、監督の態度は全く当たり前だと思うんですよ。ノーコンの守備が使い物になるわけありませんから。

勿論、雷門君のキャッチの腕を見込んで育てていく、というのも手としてはありなのですが、

ある程度出来上がってる順に取っていって、そうでないのは落とす、というのもまぁ当たり前なんで。

そんな現実主義者の監督。雷門君を応援する際の割り切り方も実に現実的です。

「でも今は”アメフト観戦者” 俺が好きなのはアメフトが出来る奴だけだ! 行け雷門!」

ホントにいいシーンですね、あそこは。雷門君、対賊学試合でこの場面でだけ本名で呼ばれてますし。


泥門高校野球部主将

ごく普通の人に見えます。モン太の三軍落ちにも”かわいそうだけど全員とるわけにゃいかねぇのよ”と

コメントしてますし。守備要員として雷門君を使ってはどうかと監督に提言もしています。

ただふんどし締めて走り回りたいだけの人とは思いたくないんですが…。(微苦笑)


集英ベアーズ・本庄勝選手

モン太がキャッチの達人になった直接の契機であるプロ野球選手。ファンの少年に、ヒモが破れたおさがりといえど

自分のグローブを気前よくプレゼントするファンサービスのできるプロ。

どうやらモン太は彼の髪型を真似したらしい節があります。

苗字からして、モデルは元阪神タイガース・メジャーリーガー・現日本ハムファイターズ所属の奇行子

新庄剛志選手では?との説あり。


集英ベアーズ


マスコットのグリズリーが怖すぎで子供たちが泣き喚くプロ野球チーム。

中日ドラゴンズを見習ってみそ。ドアラとか。ゴールデンドアラとか。


賊学カメレオンズマネージャー


今では絶滅種というべき、”スケバン”の香りを漂わす美人のお姉さま。若菜ちゃんに続き現在台詞なしの立場。

ルイルイをバイクでひっぱるという特訓してんのは、頼まれたからか本人の性格か。


賊学の先生


微妙な不幸加減が他人と思えない先生ですが、

絵に描いたような(描いてます)不良集団の、まがりなりにも顧問を務めてるんですから

先生としてはかなりできる人なのではと思ったり。

わざわざこの人のために、コミックスでは書き直しがされています。

検証↓
  

ジャンプ本誌掲載時。名もなき生徒。                   拡大失敗。コミックスでは賊学の先生に。確認してみてね。



パ研部部長 矢地馬之介

セナ&進の超人チェイスを目撃し、二人を合体させたモンタージュを作成し、

さらにおそらくヒル魔氏に脅されて「悪・ムービー」作成を手伝わされた人。

一億総下僕。


白神先生

まもり姉ちゃんの担任の先生。まもり姉ちゃんに絶対の信頼を置いており、(まぁ当然か)

仮に彼女が人を指したところを目撃しても、いかにも理系な理屈?で擁護をするだろう人だそうです。


ボールくらった男子生徒


当人が信じてるならそれでいいのさ。信ずるものは救われるのさ。にしてもスパイシーなエピソードだこと。

かつてチビだったのに今チビな人を嘲ってるんだから、ヒル魔氏のボールを喰らったのはある種の天罰と思われます。


王城高校の校医

これまた、本編では普通人。私『ブラックジャックによろしく』は未読でございます。

岡婦長

オカルト大好き婦長。介護した人(ミラクル伊藤)を締め上げたりする危ない婦長さん。

何よりオカルトなのはこの人の顔だと思うが。モデルは月影先生?(ベタ)


月刊アメフト編集長

頑固で意地悪と見せかけて真っ当な御仁。何気に出番は多いです。

個人的名台詞は斗影兄ぃへのツッコミ。


熊袋記者

何気にレギュラーな人その2。泥門びいきの節あり。なんか、あまり好かれていない印象です。


セナの両親


2004年30号で、感動ものの父親ぶりを見せてくれた、アトム頭のセナ父と

どうやら微妙にダメっぽさ漂う普通人らしいセナ母でした。


戻る