【妄想】妙法村正 手合わせ特殊台詞【捏造】
特殊台詞・手合わせ開始(蜻蛉切)  
 蜻蛉切 肥前柳生の腕、よもや鈍ってはいまいな? 
妙法村正  おお! 見せてみろ、三名槍の力を! 
特殊台詞・手合わせ終了(蜻蛉切) 
 蜻蛉切 さすがだな 
 妙法村正  お前が敵でない事に感謝するぜ
特殊台詞・手合わせ開始(数珠丸恒次) 
 妙法村正 妙法の銘を負っているのが俺のような刀で、失望されましたか? 
数珠丸恒次  桜梅桃李、己己の当体を改めずして無作三身と開見……と言いますよ 
特殊台詞・手合わせ終了(数珠丸恒次)  
妙法村正  お手合わせいただき、恐悦至極です 
数珠丸恒次   今後も修行に励みましょう
特殊台詞・手合わせ開始(日本号)  
妙法村正   虎はもう平気になったか? 正三位さま 
日本号   ……鍋島の刀か
特殊台詞・手合わせ終了(日本号)   
妙法村正   確信したぜ。日ノ本一の槍と呼ばれるべきはやはり蜻蛉切しかいないな 
日本号   調子に乗るなよ、鍋島の
特殊台詞・手合わせ開始(御手杵)   
妙法村正   鞘から抜かれると雪を降らせ、参勤交代の先頭に掲げられると雨を降らせたという槍か。
さすがの蜻蛉切も天候は操れないな 
御手杵  いや、とにかく鞘が重いんだって  
特殊台詞・手合わせ終了(御手杵)  
妙法村正   まぁ、だからと言ってあんたが蜻蛉切に勝てるかというとまず無理だな 
御手杵  はいはい……
特殊台詞・手合わせ開始(蜻蛉切) 
※日本号・御手杵との手合わせ後、蜻蛉切と手合わせで台詞が変化
蜻蛉切  村正。他の槍を怒らせて廻っているようだが 
妙法村正   お前が最も優れた槍なのは事実だからな
特殊台詞・手合わせ終了(蜻蛉切) 
蜻蛉切  ……とにかく、仲間の士気に影響するような言動は慎め 
妙法村正   本当のことだからな、仕方ない




閉じる